【転職ノウハウ】面接官の心を震わせる「志望理由」のつくり方

志望理由の作り方

サラタメさん

ブラック企業→倍率100倍のホワイト企業に転職を成功させて、ぬくぬくサラリーマンYoutuber(登録者約60万人)してるサラタメが実体験&300名以上(転職経験者・採用担当者など)のガチ取材を元に解説します!
結論
  • 志望理由で目指すべきゴールは「長く働き続けることの証明」
  • 志望理由は「①自分の転職の軸」「②志望企業の魅力」「③マッチング」の三段構成にする
  • 「①会社説明ではダメ」「②欲望丸出しではダメ」という志望理由の落とし穴に注意する

今回は、転職活動における「志望理由のつくり方」を解説します。

採用担当者の心を、震わすような志望理由は

  1. 自分の転職の軸
  2. 志望企業の魅力
  3. マッチング

の三段構成でつくってください。

ただこれだけでは具体的な実践方法がわからないと思いますので、より詳細に解説していきます。

志望理由の作り方は、絶対抑えておかないといけない、超重要ポイントですので、現在、転職活動中という方には必見の内容です。

ではいきましょう!


志望理由で目指すべきゴールは「長く働き続けることの証明」

志望理由は「長く働き続けることの証明」

そもそもの大前提、志望理由で目指すべきゴールは「長く働き続けることの証明」です。

転職希望者

私は御社で、ずっと働き続ける意思がありますよ!

と採用担当者に向けて証明すること、
それこそが志望理由づくりのゴールなんです。

自己PRで目指すべきゴールは「活躍できることの証明」

自己PRは「活躍できることの証明」

「自己PR」は、その志望企業で「活躍できることの証明」がゴールです。

転職希望者

私は御社に入って、ちゃんと与えられた仕事を、遂行することができますよ!

と採用担当者に向けて証明すること、それももちろん大事なことです。

【3つのコツを伝授】転職面接で使える 自己PRの書き方|サラタメのホワイト転職

自己PRだけでは内定は勝ち取れない

自己PRだけでは内定は獲得できない

ただ自己PRだけが完璧でも、内定は勝ち取れません。

なぜなら、自己PRだけが完璧でも、志望理由がダメダメだと、採用側に

採用担当者

この人、確かに優秀そうだけど、またすぐ転職しそうだな。

と思われてしまうからです。

ご存知の方も多いと思いますが、
人を採用するコストは非常に高くつきます。

転職サイトに広告を出したり、提携してる転職エージェントに報酬を払ったりしていたら、1人採用するのに平気で100万単位のお金がかかります。

人を採用するには100万円単位のお金が必要

そのため採用側としては、自分の会社に定着せずに、またすぐ他の会社に転職されたら非常に困るわけです。

採用担当者

この人は、ちゃんと長いこと、ウチの会社で働き続けてくれるだろうか?

という採用担当者の不安を取り除くために、我々応募者は

大丈夫です!私は御社でずーっと働き続けますよ!

転職希望者

とアピールして、採用側を安心させてあげないといけません。

つまり、活躍できることを証明する「自己PR」だけではなく、長く働き続けることを証明する「志望理由」もきちんと伝えないと内定がもらえないんです。

理想的な志望理由の三段構成

理想的な志望理由の三段構成

採用側の心を震わせるような志望理由は、

  1. 自分の転職の軸
  2. 志望企業の魅力
  3. マッチング

という三段構成になっています。

転職の軸というのは、要は、今回の転職において、自分が必ず実現させたい最優先事項のことです。

その自分なりの強い希望を、まず最初に語ります。

そこから続いて、志望企業の魅力。

要は、志望企業のことを自分の「転職の軸」に沿った形でホメちぎろう、ということです。

そして最後にまとめとして、マッチングで締めます。

自分がこれから働く上で、最優先にしたい転職の軸と、御社の魅力がマッチしていると伝えます。

こんな流れで、志望理由を、採用担当者に伝えてあげればいいんです。

転職の軸の決め方【「転職の軸」の作り方】面接や志望動機で使える軸|例文付き|サラタメのホワイト転職

【リアルな例】広告代理店からメーカーに転職したい場合

サラタメの実例

ここからは私サラタメだったら、実際にこうするという実例もお伝えしちゃいます。

例えば私が、広告代理店で働いていたんだけど、どこかのメーカーに転職したいとします。

そうしたら、まず転職の軸は、

サラタメ

強い自社商品を持っている企業に転職したいんです!

と伝えます。

それも転職の軸をただ話すだけではなく、自分なりのオリジナルエピソードをまじえながら話します。

例えば、

サラタメ

今まで広告代理店で、いろんな企業の宣伝活動をサポートしてきました。

ただ、どうしても自社商品ではないので、浅い関わり方になってしまいました。
例えば、宣伝云々ではなく、その商品自体をもっと改善した方がいいのに、というアイデアが浮かんでも、自社の商品ではないので、どうすることもできませんでした。
それで商品の、そもそもの企画の部分から、プロモーションにまで携わる仕事がしたいと思い始めたんです。
そのような経験から、強い自社商品を持っている企業に転職したいと考えています。

という感じです。

続いて、「志望企業の魅力」では、その転職の軸に沿って、志望企業をホメます。

例えば、志望企業に独自性のある商品があれば、実際に使ってみてのリアルな感想をまじえながらホメちぎって

サラタメ

ぜひこんな商品をプロモーションしてみたいです。
そのくらい独自性のある、素晴らしい商品を御社は持っていると感じています。

と伝えます。

そして最後に、まとめとして、

サラタメ

「強い自社商品のある企業で働きたい」という自分の転職の軸と、「独自性のある商品を持っている」という御社の魅力は、マッチしています。
だから、ぜひ御社に入社したいです。入社したら、この商品を、こんな風にプロモーションしてみたいと考えています。

といった感じで締めると、かなり強い志望理由になると思います。

陥りやすい志望理由の落とし穴

陥りやすい志望理由の落とし穴

もうこれだけでも充分、洗練された志望理由がつくれるかとは思うんですが、念には念を。

ということで、陥りやすい志望理由の落とし穴もお伝えしておきます。

  1. 会社説明ではダメ
  2. 欲望丸出しではダメ

という2点です。

①会社説明ではダメ

会社説明ではダメ

これは、けっこうやってしまう人が多い落とし穴なんですが、先程の三段構成でいう「②志望企業の魅力」ばかりを伝えてしまうパターンです。

志望企業の魅力をホメちぎるだけで、我々の志望度、本気度が伝わると思ったらそれは大間違いです。

あくまで自分なりの、オリジナルな「転職の軸」が前段としてあって、それに沿った形で、志望企業の魅力をホメるからこそ、志望度の強さが伝わるんです。

ただひたすら、

  • 御社の商品のここが差別化されている
  • 創業者の理念のこういうところが素晴らしい

という志望企業の魅力を並べるだけでは、それはただの会社説明であって、志望理由にはなっていません。

志望理由は、自分なりの転職の軸から始めないと全く相手に刺さらない、ということを覚えておいてください。

②欲望丸出しではダメ

欲望丸出しではダメ

これも非常に悩む人が多いポイントかと思います。

というか、私も悩んでいたポイントです。

欲望丸出しとはどういうことかというと、ぶっちゃけ、転職の軸は欲望にまみれてる場合が大半なんですよ。

  • 「給料を上げたい」というお金の欲望
  • 「残業がない」というラクしたい欲望

突き詰めると、このような欲望が転職の軸になってるケースが多いです。

特に私なんて、ワークライフバランス重視の転職活動をしていたんで、欲望むき出しだったわけです。

それは間違いありません。

ただ、だからといって、
三段構成の初っ端の「転職の軸」のところで、

サラタメ

ワークライフバランスが確保できれば何でもいいです!

と欲望を丸出しにしたら、そりゃほぼ100%、採用側にドン引きされてしまいます。

なので、建前でOKです。

志望企業の、商品やサービスに関わるような「転職の軸」も、建前用として準備した方がいいです。

自分に嘘をつくのは、
後々しんどくなるんでやめましょう。

ただ自分自身でも納得できるような建前としての「転職の軸」は用意すべきだと思います。

建前を用意しておく

建前ではなく、本音(ドロドロとした欲望)を採用側に伝える際には、最低限、ちゃんとオブラートに包んであげた方がいいです。

例えば、

  • 「ワークライフバランスを確保したい」→「自分の時間を確保して、自己研鑽したい」
  • 「給料を上げたい」→「給料は自分の市場価値を測る大事な指標になるので、こだわりたい」

みたいな、ちょっと意識高く見えるような表現方法に変えて、伝えてあげるのが得策です。

欲望を持ってること自体は、
決して悪いことではありません。

ただその欲望を、「そのまま採用側に受け止めてもらおう」というのは、さすがに悪手です。

そのため、伝え方の部分には、
細心の注意を払うべきかと思います。

【サラタメ的まとめ】愛に溢れた志望理由をつくろう!

結論
  • 志望理由で目指すべきゴールは「長く続けることの証明」
  • 志望理由は「①自分の転職の軸」「②志望企業の魅力」「③マッチング」の三段構成にする
  • 「①会社説明ではダメ」「②欲望丸出しではダメ」という志望理由の落とし穴に注意する

ぜひ今回解説したことを念頭に置いて、面接官に「この人ならずっとウチで働いてくれそうだ」と絶大なる安心感を与える、愛に溢れた志望理由をつくっていただければと思います。




最後に…

私が実際に使ってみて「これはオススメできる!」と思った転職支援サービスをまとめた記事貼っておきます。 【転職エージェント選びはこれで完璧】サラタメ厳選のおすすめ転職エージェント&転職サイト・口コミサイト6つ ↓結論これです。※すべて無料
結論
■転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
■転職サイト
リクナビネクスト
ビズリーチ
■クチコミサイト
openwork
ではまたお会いしましょう~