オープンワークの評判はどう?転職希望者必見の口コミサイト

オープンワーク アイキャッチ

サラタメさん

ブラック企業→倍率100倍のホワイト企業に転職を成功させて、ぬくぬくサラリーマンYoutuber(登録者約60万人)してるサラタメが実体験&300名以上(転職経験者・採用担当者など)のガチ取材を元に解説します!

「転職先選びに失敗したくない!」
「行きたい会社があるのだけど、会社の実態を知りたい」
転職活動をしていると、このような悩みを感じることはありませんか?

こうした悩みは、転職口コミサイトのオープンワークを使えば解決できます!

今回の記事は、オープンワークについて深掘りして解説していきます。

この記事を読んで得られることは下記です。

  • オープンワークの良い・悪い評判
  • オープンワークの特徴
  • オープンワークのメリット
  • 類似サービスとの比較
  • オープンワークの利用に向いている人
  • 使う上での注意点

オープンワークの良い評判

オープンワークの良い評判

オープンワークでは、以下の点が好評です。

  • 企業の口コミの内容を信頼できる
  • 実際に企業を退職した人の不満を見られる
  • 投稿されているESのクオリティが高い

口コミの信頼性が高く、企業の良い点も不満点も実態に即した内容で書かれているようですね。

また、優良企業からオファーが来ることもあります。

それぞれ紹介していきます。

企業の口コミの内容を信頼できる

口コミ内容の信頼度が高い点も好評のようです。

口コミに書かれていた内容と、入社して感じる内容にミスマッチがなかったとの声があります。

口コミとしての信頼度が高いと、利用する時に安心感がありますね!

実際に企業を退職した人の不満を見られる

企業を退職した人の不満点や退職理由も見られる点も嬉しいとのことです。

転職先を選ぶにあたって、その企業でなぜ退職者が出るのか気になりますよね。

オープンワークを使えば、業の不満点をリアルに把握できます。

投稿されているESのクオリティが高い

オープンワークではさまざまな企業でのES(エントリーシート)が公開されています。

そのクオリティが高いという点が好評のようです。

ESをどのように作成すれば内定に近づけるのか、参考になる情報が集まっているサイトのようですね。

オープンワークの悪い評判

オープンワークの悪い評判

オープンワークには下記のような悪い評判も集まっています。

  • 手当たり次第スカウトメールが届く
  • 企業への志望度が下がる可能性がある
  • 中小企業のデータが少ない

オープンワークはリアルな口コミが集まっています。

だからこそ、企業の実態に触れてしまうことで、その企業への志望度が下がってしまうこともあります。

また、中小企業のデータが少ない点もデメリットのようです。

それぞれ具体的に見ていきますね。

手当たり次第スカウトメールが届く

オープンワークを使っていると、企業からスカウトメールが届くことがあります。

中には、希望する条件とは異なるような内容のスカウトが送られることもあるようです。

手あたり次第スカウトメールが送られているのでは?と感じることもあり、その点で不満の声があがっています。

企業への志望度が下がる可能性がある

オープンワークにはリアルな口コミが寄せられています。

オープンワークには「退職理由」や「会社への不満」といった口コミ内容もありますが、企業の生々しい実態が書かれていることもあります。

それを見ていると、元々入りたいと思っていた企業の志望度が下がってしまうなんてことも…。

このように、企業への志望度が下がってしまうというデメリットもあるようです。

中小企業のデータが少ない

オープンワークに寄せられる口コミの多くは、大企業についての口コミのようです。

ベンチャー企業や中小企業などは、口コミがあまり集まっていない場合もあるようです。

中小企業やベンチャー企業を転職先として考えている場合は、データの少なさに不満を感じるかもしれません。

オープンワークの特徴

オープンワークの特徴

サービス名 オープンワーク
運営会社 オープンワーク株式会社
口コミ数 約1,200万件
掲載求人数 112,569件
サービス開始時期 2007年~

※口コミ数、掲載求人数は2022年5月時点のデータ

特徴
  • 掲載されている口コミ数が国内トップクラス
  • 投稿する口コミに対して審査をするため、口コミの信憑性が高い

オープンワークは2007年に運営が開始された企業の口コミサイトです。

運営当初は『Vorkers』という名称で運営されていましたが、2019年にサービス名が変更されました。

オープンワークを使ってできることは下記です。

  • 口コミの閲覧、投稿
  • 企業からのスカウトメール受信
  • 業界ごとの年収比較
  • 企業の評価の確認
  • 求人の検索

このように、口コミサイトとしての機能だけでなく、転職サイトとして求人を探せます。

口コミ数が多く、信頼できる内容が多いので、とても参考になるサイトですね!

サラタメさん

オープンワークの5つのメリット

オープンワークの5つのメリット

オープンワークのメリットは下記5つです。

  • 1,200万件以上の企業の口コミがある
  • 企業の評価がグラフで可視化されている
  • 企業の年収推移を確認できる
  • 企業からスカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職サイトみたいに求人検索をかけられる

それぞれ解説していきます。

1,200万件以上の企業の口コミがある

オープンワークには、2022年5月時点で1,200万件以上の口コミが集まっています。

社数としては、約16万件の企業の口コミが寄せられています。

大企業だけでなくベンチャー企業や中小企業などの口コミも集まっていますが、大企業と比較すると口コミ件数が少ない点は注意が必要です。

とはいえ、ひとつの会社に複数の口コミが集まっているので、就職活動や転職活動の際に企業選びの参考になります。

企業の評価がグラフで可視化されている

企業の評価がグラフでわかりやすく可視化されているので、その企業の風土や実態を把握しやすいです。

オープンワークでは下記8つの観点から、企業を5段階で評価しグラフ化します。

  • 待遇面の満足度
  • 風通しの良さ
  • 20代成長環境
  • 法令順守意識
  • 社員の士気
  • 社員の相互尊重
  • 人材の長期育成
  • 評価の適正感

口コミが寄せられるにつれて過去のデータ推移も蓄積されるので、その企業の満足度が高まっているのか不満が集まっているのか確認できます。

他にも、平均残業時間や有給取得率なども閲覧可能です。

このように、企業の評価がわかりやすくグラフ化されている点もメリットです。

企業の年収推移を確認できる

就活や転職活動の企業選びにあたって、企業の年収がどのように推移しているのか、どれくらい貰えそうなのか、考えませんか?

オープンワークを使えば、企業の年収推移を確認できます。

企業に入社した後、「何歳くらいでどれくらいの年収がもらえるのか」が、グラフでわかりやすく表示されています。

年齢だけでなく、職種ごとの平均年収も確認が可能です。

オープンワークを使えば、年齢・職種ごとの平均年収を確認できるので、入社後の年収想定が立てやすくなります。

企業からスカウトを受け取れる可能性がある

オープンワークを使えば、優良企業からスカウトメールが送られてくる可能性があります。

中には魅力的な条件の求人のオファーもあるので、嬉しいですね。

スカウトメールを受け取るためには、オープンワークに登録し、「Web履歴書」を登録する必要があります。

Web履歴書とは、一般的な転職サイトのプロフィールと似たようなモノです。

スカウトメールには以下の2種類があります。

  • 企業の採用担当者からのスカウト
  • 転職エージェントからのスカウト

いずれの場合も、Web履歴書に書かれている内容をベースに求人情報が送られてきます。

転職サイトみたいに求人検索をかけられる

オープンワークは口コミサイトとしての機能だけでなく、転職サイトとしての機能もあわせもっています。

転職サイトと同様に、オープンワークでは求人の検索も可能です。

他の転職サイトと同様に、以下の条件で求人を検索できます。

  • 勤務地
  • 職種
  • 業界
  • 年収

他にも、オープンワークでは下記の検索条件で口コミを探せます。

  • 総合評価
  • 残業時間
  • 有休消化率

総合評価は口コミサイトであるオープンワークだからこそ使える機能です。

他の転職サイトにはないメリットのひとつといえます。

このように、口コミサイトとしてだけでなく、転職サイトとしても利用できるというメリットがあります。

オープンワークのデメリット

オープンワークのデメリット

オープンワークには下記のデメリットも存在します。

  • すべての口コミを閲覧するのには条件がある
  • 中小企業の掲載データが少ない

それぞれ下記で深掘りしていきます。

すべての口コミを閲覧するのには条件がある

オープンワークの会員登録自体は無料でできます。

しかし、オープンワークに掲載されている口コミをすべて閲覧するためには、一定の条件を満たさなくてはなりません。

すべての口コミを閲覧するためには、以下のいずれかが必要です。

  • サービス料月額1,100円を支払う
  • オープンワークが指定している、別の転職サイトに登録する

もし転職の意向があるのであれば、オープンワークが指定する他の転職サイトに登録すると、無料で口コミを閲覧できるのでおすすめです。

中小企業の掲載データが少ない

中小企業の掲載データが少ない点も、オープンワークのデメリットといえます。

実際に、大手企業と比較すると、ベンチャー企業や中小企業についての口コミ件数は多くありません。

ただし、これはある意味仕方がないことです。

というのも、そもそも中小企業やベンチャー企業は社員数が少なく、口コミが集まりにくい環境にあるからです。

もしオープンワーク上の口コミの少ない会社に転職したい場合は、オープンワークの情報だけでなく、働いている従業員と接点をもつようにし、企業の実態を聞く努力もしましょう。

オープンワークと他の口コミサイトの比較表

オープンワークと他の口コミサイトの比較表

ここでは、他の口コミサイトとオープンワークを比較していきます。

サービス名 運営会社 口コミ数 サービス開始時期 特徴
オープンワーク オープンワーク株式会社 112,569件 2007年~ ・国内トップクラスの口コミ掲載数
・企業からオファーされることがある
転職会議 株式会社リブセンス 218,057件 2010年~ ・口コミサイトの中では掲載求人数がトップクラス
・12個の項目で企業が評価されており、実態を把握しやすい
ライトハウス エン・ジャパン株式会社 2011年~ ・エン転職を運営するエン・ジャパンが展開している口コミサイト
・オープンワークとは違う切り口で企業を評価している

※口コミ数、掲載求人数は2022年5月時点のデータ

他のサービスと比較してみると、以下のことがわかります。

  • 転職会議は求人件数が多い
  • ライトハウスは口コミ総数が多い

オープンワークは、口コミ総数も求人件数も豊富にあり、それぞれのサービスを良いとこ取りしてるイメージです。

転職会議はオープンワークと同じく、企業からオファーメールが届く仕組みになっているので、転職サイトとしても機能します。

ライトハウスには求人検索機能はありません。

ただし、エン・ジャパンが運営しているサービスなので、同じ会社の別サービス・エン転職を使えば求人検索ができます。

こんな人にはオープンワークがおすすめ!

こんな人にはオープンワークがおすすめ!

以下のような方は、オープンワークがおすすめです!

  • ホームページだけではわからない企業の特徴をリサーチしたい方
  • 特定の企業の口コミを見たい方

転職活動にあたって、志望企業の情報収集は主にその会社の採用HPになるかと思います。

ホームページを見れば業務内容や仕事内容などは把握できます。

しかし、実際に働く人の声などは、ホームページからは情報収集が難しいです。

オープンワークを使えば、企業のホームページだけではつかめない情報や口コミが手に入れられます。

また、特定の企業の口コミを見たい場合にもおすすめです。

転職したい企業が決まっているけれども、「その会社は実際どのようなところなんだろう?」と思う場合はオープンワークを使いましょう。

口コミで企業の実態を見ることで、入社後のミスマッチを未然に防げます。

オープンワークを使うときの注意点

オープンワークを使うときの注意点

オープンワークを使うときは、以下の観点に注意しましょう。

  • 転職エージェントを併用する
  • すべてのスカウトメールを信用してはいけない
  • 掲載されている口コミを100%鵜呑みにしない

それぞれ解説します。

1:転職エージェントを併用する

オープンワークを使うときは、転職エージェントを併用するようにしましょう。

オープンワークには転職サイトのように求人検索の機能もありますが、メインの役割はやはり口コミサイトとしての機能です。

口コミサイトなので、企業の実態など、評判を確認するために使いましょう。

実際に求人情報を収集し応募する場合は、転職エージェントを使った方が効率的です。

転職エージェントを使えば、あなたの転職が成功するよう、下記のサポートをしてくれます。

  • 志向に沿った求人の紹介
  • 職務経歴書の添削・書類選考対策
  • 面接対策
  • 選考スケジュールの調整
  • 内定後の条件交渉

おすすめの転職エージェントについては下記の記事にまとめているので、ぜひ確認してください。

私サラタメが転職サイト・転職エージェントでおすすめするならこの6つ!もう迷わない転職ステップも紹介私サラタメが転職サイト・転職エージェントでおすすめするならこの6つ!もう迷わない転職ステップも紹介

2:すべてのスカウトメールを信用してはいけない

オープンワークを使っていると、魅力的な条件のスカウトメールが送られることもあります。

スカウトメールの中には良い条件のものもありますが、すべてのスカウトメールを信用しないように気をつけましょう。

スカウトメールを受信するためにはWeb履歴書を書く必要があります。

企業はWeb履歴書の内容を閲覧して、自社で働いたら活躍できそうな人材に対してスカウトメールを送るのが基本です。

しかし、企業の中には手あたり次第スカウトメールを送信するところもあり、自分の希望とはかけ離れたスカウトメールが届くこともあります。

すべてのスカウトメールを信用しすぎず、自分の志向に合った求人を中心にスカウトメールを見るように注意しましょう。

3:掲載されている口コミを100%鵜呑みにしない

掲載されている口コミを100%信用し、鵜呑みにすることは避けてください。

たしかに、オープンワークの口コミの質や信憑性は高いです。

社員がすべての口コミを目視審査し、口コミ投稿にも厳格なルールを設けており、口コミの質は担保されています。

しかし、口コミには良い内容のものもあれば、悪い内容のものもあります。

悪い口コミばかりを見て、その内容を信用しすぎてしまうと、人によっては企業への志望度が下がってしまうことにもなりかねません。

また口コミはあくまでも投稿者の主観にもとづくものです。

口コミを情報として参考にすることは良いことですが、100%信用して鵜呑みにすることは危険です。

まとめ

まとめ

この記事では、オープンワークについて以下の観点から解説しました。

  • 良い評判・悪い評判
  • メリット・デメリット
  • オープンワークに向いている人
  • 他の口コミサイトとの比較
  • オープンワークの利用にあたっての注意点

オープンワークを使うと、以下のメリットがあります。

  • 1,200万件以上の口コミを見られる
  • 企業の評価がグラフ化されるので、わかりやすい
  • 企業の年代別・職種別平均年収を見られる
  • 企業からスカウトメールが届く
  • 求人検索もできる

このように、オープンワークは口コミサイトと転職サイトの両方の機能を備えているため、便利です。

転職活動において、志望企業の実態をオープンワークで確認し、入社後のミスマッチを防ぐように心がけましょう!




最後に…

私が実際に使ってみて「これはオススメできる!」と思った転職支援サービスをまとめた記事貼っておきます。 【転職エージェント選びはこれで完璧】サラタメ厳選のおすすめ転職エージェント&転職サイト・口コミサイト6つ ↓結論これです。※すべて無料
結論
■転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
■転職サイト
リクナビネクスト
ビズリーチ
■クチコミサイト
openwork
ではまたお会いしましょう~