パソナキャリアの口コミの真相。登録を断られるって本当?

パソナキャリア アイキャッチ

サラタメさん

ブラック企業→倍率100倍のホワイト企業に転職を成功させて、ぬくぬくサラリーマンYoutuber(登録者約60万人)してるサラタメが実体験&300名以上(転職経験者・採用担当者など)のガチ取材を元に解説します!

「パソナキャリアってどのようなサービス?」
「パソナキャリアの評判ってどうなんだろう?」

パソナキャリアは、人材派遣で有名なパソナが展開する転職エージェントです。

今回の記事ではパソナキャリアの口コミや評判について詳細に解説します。

この記事を読めば、以下のことがわかります。

  • パソナキャリアの口コミ
  • メリット・デメリット
  • パソナキャリアと一緒に使うべき転職エージェント
  • よくある質問

パソナキャリアの良い口コミ

パソナキャリアの良い口コミ

パソナキャリアに集まっている良い口コミは下記です。

  • 年収500万円台なら使った方がいい転職エージェントである
  • 親身になって求職者の現状をヒアリングしてくれる
  • 30代におすすめできる転職サービスである
  • 面接対策に力を入れてくれる

それぞれ見ていきます。

年収500万円台なら使った方がいい転職エージェントである

ビズリーチやリクルートダイレクトスカウトは、最近よくCMでやっていますね。

しかし、それらは年収500万円台の方とは相性が悪いです。

ビズリーチやリクルートダイレクトスカウトなど、いわゆるハイクラス向けの転職サービスは年収600万円以上を対象としています。

年収500万円台の方が登録しても、内定をもらえる求人は見つけられない可能性が高いです。

一方、パソナキャリアは総合型転職エージェントのため、幅広い求人が集まっています。

幅広い求人から選べるので、年収500万円台の方はパソナキャリアを使った方が良いです。

親身になって求職者の現状をヒアリングしてくれる


パソナキャリアの担当者のフォローは手厚いようです。

求職者の現状やこれまでの経歴を丁寧にヒアリングしてくれます。

転職活動は不安との戦いでもあるので、このようにサポートしてくれるのはありがたいですよね。

30代におすすめできる転職サービスである


30代の転職は年齢を重ねるごとに難易度があがっていきます。

年齢を重ねるにつれて、採用担当者は求職者を「即戦力となるのか?」という視点で評価するからです。

一方で30代の方でも転職成功率が高まるよう、転職エージェントは進化しています。

パソナキャリアも、進化しているエージェントのひとつです。

面接対策に力を入れてくれる


パソナキャリアは求職者を手厚くフォローしてくれるようです。

なかでも面接対策には定評があります。

何度も練習してくれるようなので、不安を解消したうえで面接本番を迎えられます。

【注意】パソナキャリアの悪い口コミ

【注意】パソナキャリアの悪い口コミ

一方パソナキャリアには下記のような不満もあがっています。

  • 希望する条件の求人を紹介してくれない
  • 定型文で「登録お断り」のメールがくる

それぞれの声を見ていきましょう。

希望する条件の求人を紹介してくれない


希望の条件の求人を紹介してもらえない、という不満の声があがっています。

担当者によっては、「紹介した企業に合格できるか」という基準で案件を紹介する場合もあるようです。

ただしこれはパソナキャリアに限った話ではありません。

転職エージェントを利用していると、担当者によっては希望条件の求人を紹介してくれないという場合があります。

定型文で「登録お断り」のメールがくる


求職者の経歴など、条件が見合わない場合、会員登録の段階で断られるケースがあるようです。

その際の断り方が定型文となっているため、無機質に感じられることも…。

ただ、どの転職エージェントを利用するにしても、登録の段階で断られるケースはあります。

転職エージェントを使う際は、「こんなこともある」と認識しておいた方が良さそうですね。

パソナキャリアのサービス概要

パソナキャリアのサービス概要

サービス名 パソナキャリア
運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 39,344件
非公開求人 あり
対応エリア 全国

※2022年5月時点

特徴
  • オリコン顧客満足度調査・転職エージェント部門 4年連続第1位
  • 女性向けの転職支援実績が豊富

パソナキャリアは、人材派遣業界大手のパソナ内に1993年に設立された転職エージェントです。

パソナキャリアの最大の特徴は、求職者からの満足度が非常に高いことです!

その秘密は担当コンサルタントによる親身なサポートにあります。

サポート内容は以下の通りです。

  • 書類選考対策
  • 面接対策
  • 企業との面接日程調整
  • 企業への年収交渉
  • 退職交渉のフォロー

丁寧なサポートの結果、オリコン顧客満足度調査にて、2019年から2022年まで4年連続で第1位に選出されています。

実際にパソナキャリアを使った人から評価されて、
その結果顧客満足度調査で入賞している点が素晴らしいですね!

サラタメさん

パソナキャリアを利用するメリット

パソナキャリアを利用するメリット

パソナキャリアを使うメリットは以下3つです。

  • 女性の転職に力を入れている
  • 47都道府県すべてに拠点をもつ
  • 「転職成功ノウハウ」のページが充実している

それぞれ見ていきましょう。

女性の転職に力を入れている

パソナキャリアの運営母体のパソナグループでは、女性の雇用に力を入れています。

そのため、女性の転職に力を入れており、女性の転職支援実績も豊富です。

これまで行ってきた女性の雇用支援の取り組みは、こちらに記載されています。

パソナが行っている具体的な女性の雇用支援は下記です。

  • 女性向け社会人スクール「Pasona Career College」の運営
  • 女性に特化した起業家育成プログラム「Ladies Be Ambitious」の実施
  • ハウスキーピングサービス「クラシニティ」の運営
  • 「ひとり親 働く支援プロジェクト」の運営

また、女性向けに紹介する求人にも下記の特徴があるため、働きやすい企業を選べます。

  • テレワークができる求人
  • フレックス勤務ができる求人
  • 残業が少ない求人
  • くるみん認定企業(※)の求人

※くるみんとは、仕事と育児の両立支援に取り組んでいる企業を厚生労働省が認定する制度です。

女性にとって嬉しい転職支援を受けられるのがパソナキャリアのメリットです。

47都道府県すべてに拠点をもつ

他の転職エージェントを使っていて、地方の求人が少ないと悩んだことはありませんか?

東京都や大阪府など、大都市圏のみを対象としている転職エージェントもあり、Uターン転職したい人にとっては使いづらく感じるかもしれません。

パソナキャリアでは47都道府県すべてに拠点を持っているため、地方の求人紹介も受けやすいです。

拠点にコンサルタントが在籍しているので、対面で転職相談に乗ってもらえます。

地方での転職を希望する方にとってはメリットに感じやすいです。

「転職成功ノウハウ」のページが充実している

公式HP転職成功ノウハウのページがあり、その内容が充実している点もおすすめポイントです。

転職活動をはじめてする人にとって、何からスタートすればいいか、どうやったら転職成功できるのか、わからない点が多いですよね?

パソナキャリアでは下記の観点で、転職成功のためのノウハウがまとめられています。

  • 年齢別・転職成功の秘訣
  • 企業研究のやり方・コツ
  • 職務経歴書の書き方・フォーマット
  • 面接の傾向・対策
  • 職種別・転職成功事例

はじめて転職活動をする方でも迷いなく行動できます。

パソナキャリアを使うデメリット

パソナキャリアを使うデメリット

パソナキャリアを使うデメリットは下記2つです。

  • 大手転職支援サービスと比べると求人数は少ない
  • サイトへの登録を断られる可能性がある

それでは深掘りしていきます。

大手転職支援サービスと比べると求人数は少ない

パソナキャリアは、他の大手転職支援サービスと比較すると求人数は少ないです。

他の大手転職支援サービスと求人数を比べました。

サービス名 公開求人数
パソナキャリア 39,346件
doda 137,638件
リクナビNEXT 198,102件
マイナビエージェント 37,486件

※2022年5月時点

このようにマイナビエージェントよりは多いものの、dodaやリクルートエージェントと比較すると公開求人件数が少ないです。

より多くの求人の中から転職先を選びたい方にとっては、パソナキャリアの求人数は物足りないと感じるかもしれません。

求人件数の少なさはパソナキャリアの弱点と言えます。
他のエージェントも併用することが弱点をカバーしましょう!

サラタメさん

サイトへの登録を断られる可能性がある

悪い口コミのところでも触れたとおり、サイトへの登録を断られる可能性があります。

実際にパソナキャリアへの登録を断られたという声をまとめました。

このように、会員登録の時に断られる可能性があるので、他の転職サービスも併用し、対策しましょう。

パソナキャリアと一緒に使うべき転職サービス

パソナキャリアと一緒に使うべき転職サービス

パソナキャリアを使う場合、下記の転職サービスも一緒に使うと効果的です。

  • doda
  • リクナビNEXT
  • リクルートエージェント
  • マイナビAGENT

サービスの特徴についてそれぞれ見ていきます。

doda

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 137,668件
対応エリア 全国
特徴 ・転職エージェントと転職サイトの良いとこどりができる
・サイト内のコンテンツが豊富

※2022年5月時点

dodaはパーソルキャリアが運営している、人材業界大手の総合型転職エージェントです。

大手企業だけあって、保有している公開求人件数が約14万件と、非常に多いです。

これに加えて非公開求人もあるので、企業選びには困らないでしょう。

dodaは転職エージェントと転職サイト両方の機能を使えます。

キャリアアドバイザーからの紹介を待つだけでなく、自分から求人を探して直接応募できるのが魅力ですね。

サイト内のコンテンツも豊富で、以下の内容を無料で使えます。

  • 年収査定
  • 「自己PR」発掘診断
  • 転職タイプ診断
  • キャリアタイプ診断
【無料】3分で登録完了!
詳細を公式サイトで見る

リクナビNEXT

サービス名 リクナビNEXT
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 61,409件
対応エリア 全国
特徴 ・自己分析ツール「グッドポイント診断」が便利
・転職サイトとしては国内最大級の求人件数

※2022年5月時点

リクナビNEXTは、人材業界最大手のリクルートが運営する、国内最大級の転職サイトです。

リクナビNEXTは転職サイトなので、担当としてキャリアアドバイザーはつきません。

自分でサイト内の求人を検索し、企業に直接応募する形です。

リクナビNEXTを使ううえで欠かせないのが、「グッドポイント診断」というツールです。

転職活動をする中で、自己分析は欠かせません。

しかし、やり方がわからないとひとりで自己分析をするのは難しいかもしれません。

グッドポイント診断を使えば、質問に回答するだけであなたの強みや特性を教えてくれます。

会員登録をすれば無料で利用できるので、使わない手はないです。

詳細を公式サイトで見る

リクルートエージェント

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 198,772件
対応エリア 全国
特徴 ・国内最大の求人件数
・転職支援実績No.1

※2022年5月時点

リクルートエージェントは人材業界最大手のリクルートが運営する総合型転職エージェントです。

リクルートエージェントの最大の特徴は、保有している求人件数です。

公開求人だけでも約20万件もあり、さらに非公開求人も約25万件あるので、約45万件の中から企業選びができます。

サービス開始が1977年と、運営歴35年もあるので、転職支援実績も業界No.1です。

求人件数が少ないというパソナキャリアのデメリットは、リクルートエージェントを同時利用すれば解消できます。

【サラタメがガチ取材】リクルートエージェントの評判は?メリット・デメリット、悪い評判の真相を暴露|サラタメのホワイト転職

詳細を公式サイトで見る

マイナビAGENT

サービス名 マイナビAGENT
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 37,521件
対応エリア 全国
特徴 ・20代~30代向けの求人が多い
・職種・業界特化の専門サイトがある

※2022年5月時点

マイナビAGENTは、人材業界大手のマイナビが運営する総合型転職エージェントです。

マイナビAGENTには以下の特徴があります。

  • 20代~30代向けの求人が豊富
  • 業界や職種に特化した専門サイトがある

マイナビAGENTには20代〜30代といった若年層向けの求人が多めに揃っています

いわゆる第二新卒といわれる年代の方が希望求人を見つけやすい転職エージェントです。

また、サイト内に業界や職種に特化した専門ページが用意されています。

下記に一部抜粋します。

  • IT・Webエンジニア
  • 営業職
  • 会計士
  • 税理士
  • 薬剤師
  • 看護師
  • 保育士

他にも専門ページがあるので、これらの業界や職種に転職したい方はぜひ使ってください。

詳細を公式サイトで見る

【Q&A】パソナキャリアを使うときによくある質問

【Q&A】パソナキャリアを使うときによくある質問

パソナキャリアを使う時によくある質問は下記です。

  • カウンセリングで事前準備は必要ですか?
  • 担当のコンサルタントを変更したい場合どうしたらいいですか?
  • 「再就職支援サービス」とはなんですか?

それぞれ解説します。

カウンセリングで事前準備は必要ですか?

パソナキャリアに会員登録をしたあとに、担当のコンサルタントとのカウンセリングを受ける必要があります。

カウンセリングの際は、とくに事前準備の必要はありません。

カウンセリングの場では以下のことを担当のコンサルタントと会話します。

  • これまでの職歴や経験
  • 希望する求人の条件

丁寧にヒアリングしてくれるので事前に何か準備する必要はありません。

ただ、履歴書や職務経歴書を用意しておけば、コンサルタントより添削・アドバイスを受けられます。

事前準備の必要はありませんが、履歴書や職務経歴書を用意しておくと、より有意義に時間を使えます。

担当のコンサルタントを変更したい場合どうしたらいいですか?

人間同士なので、どうしても担当のコンサルタントと相性が合わない場合もあります。

もし対応に不満があり我慢できないようであれば、率直にその気持ちを伝え、担当変更を申し出るようにしましょう。

それによってサービスが利用できなくなるといった不都合はありません。

転職活動には不安がつきものです。

不安な気持ちを抱える中、相性の悪い担当者とやり取りを続けていっても、転職活動はうまくいきません。

遠慮なく担当を変更してもらった方が、自分のためにも良いです。

「再就職支援サービス」とはなんですか?

パソナには、「再就職支援サービス」というものがあります。

再就職支援サービスでは、パソナと法人が契約を結び、その法人に所属する従業員の退職後のキャリア支援を行います。

このサービスは法人向けのサービスなので、個人ではサービスを受けられない点に注意しましょう。

具体的なキャリア支援の内容は下記の通りです。

  • 転職・再就職
  • 独立起業
  • 海外暮らし
  • 田舎暮らし

このように、早期退職者のセカンドキャリアを応援するようなサポートが受けられます。

まとめ

まとめ

今回の記事では、パソナキャリアの口コミや評判について詳細に解説しました。

パソナキャリアを使うメリットは下記です。

  • 女性の転職に力を入れている
  • 47都道府県すべてに拠点があるので、地方への転職がしやすい
  • 「転職成功ノウハウ」のページが充実している

また、担当コンサルタントのサポートが手厚く、2019年~2022年の4年連続でオリコン顧客満足度調査にて第1位を獲得している点も見逃せません。

一方、下記のようなデメリットもあります。

  • 大手転職エージェントと比較すると、求人数が少ない
  • 会員登録時に断られる可能性がある

これらのデメリットを解消するために、他の転職エージェントも同時に利用することをおすすめします。

同時利用におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

  • doda
  • リクナビNEXT
  • リクルートエージェント
  • マイナビAGENT

パソナキャリアのコンサルタントは親身になってサポートしてくれるので、とくにはじめての転職の方にはおすすめと言えます!




最後に…

私が実際に使ってみて「これはオススメできる!」と思った転職支援サービスをまとめた記事貼っておきます。 【転職エージェント選びはこれで完璧】サラタメ厳選のおすすめ転職エージェント&転職サイト・口コミサイト6つ ↓結論これです。※すべて無料
結論
■転職エージェント
リクルートエージェント
doda
マイナビエージェント
■転職サイト
リクナビネクスト
ビズリーチ
■クチコミサイト
openwork
ではまたお会いしましょう~